こんにちは。

文系のためのビジネスデザイナー ganapatiです。

今日もビジネスパーソンとして成長するためのTipsをお届けします。


 

3C分析とは?

3C分析とは企業の戦略策定のための視点を3つのジャンル(市場・自社・競合)に絞り込み分析するフレームワークです。主には3Cそれぞれの要素を比較・参照しながら課題や成功への手がかりをつかむために使用します。

 

3C分析の使いどころ

3C分析の良いところはある意味非常にシンプルな考え方でわかりやすいということです。

各要素毎にポイントを挙げなさい、というテーマで会議をした時に普段あまり考えたことの無いような人でも某かの意見を出すことができるでしょう。

一方で奥深いフレームワークでもあります。様々な視点を持つ人にとって見れば山のように考えるべきことを挙げることができます。そこから正解を導き出すのはなかなか大変です。

 

そのうえで3Cフレームワークの使いどころですが

  • 今後の市場の将来の動き予測したいとき
  • 自社の強みを生かす戦略を検討したいとき
  • 自社のポジショニングを検討したいとき
  • 事業が伸び悩んでおり、その原因を発見したいとき

等に使えます。

 

 

3C分析の提唱者

3C分析の提唱者ですが、なぜかはっきりしません。。。大前研一氏という人もいるのですが。。。

あまりに基本の考え方過ぎて、提唱者を明確にしにくいのかもしれません。

 

 

3Cの要素

①顧客・市場(Customer)

大きな視点でいえば市場のことであり、小さな視点で見ればひとりの購入客の頭の中のことです。

次のようなキーワードを挙げておきます。

  • 市場の規模、成長性
  • 顧客のニーズ・ウォンツ
  • 購買にいたる心理特性
  • 意思決定者
  • 顧客が最も重要視するもの

このような視点を持ちつつ、過去・現在・未来という流れでそれぞれ見ることができたらより良い分析につながるでしょう。

 

②自社(Company)

自社の強み、弱み、現状のすべてです。

とはいえ、それでは考えが浮かばないこともあるので次のような視点を挙げておきます。

  • 商品・サービスの特徴
  • USP
  • 売上・収益・財務体質
  • ビジネスモデル(ストック型・フロー型)
  • 既存顧客や保有する見込み顧客情報数
  • 集客方法
  • 人・もの・金・情報といった経営リソース
  • 技術力やノウハウ
  • 歴史・ブランド・認知度・権威性

 

③競合他社(Competitor)

競合他社の強み・弱み・現状のすべてです。

自社と同じような要素で検討したらよいと思います。

 

各要素を考える上で覚えておきたい視点

上記の3Cをリストアップしただけでは課題を解決しないことが多いです。

どう料理するかが大事なのです。

そのためには次のような考え持っておきましょう。

 

①マクロ的に見る、ミクロ的に見る

マクロ的に見るというのは、例えば経済情勢のような大きな視点で見るということです。

統計情報なんかを活用するのもその一つです。

ミクロ的に見るというのは、例えば一人の顧客のアンケートを分析してみるというようなことです。

具体的な一つの対象まで絞り込んで、その対象がどういう特性を持つのかを考えます。

どちらも大事な考え方ですが、もしそれによって議論に収集がつかなくなるようなら、どちらかの視点に絞って議論したほうが良いでしょう。

 

 

②他のフレームワークと組み合わせる

よくあるのがPEST分析や5F分析と組み合わせるという手法です。

そのほかにも様々なフレームワークを組み合わせることによって解決へと向かうことができます。

ただし、組み合わせるほど議論が複雑になるので、テーマを分けて個別議論したほうが良いです。

 

 

③3C間でのベクトル(影響)を考えてみる

例えば市場が自社に対してどのような影響を及ぼしているのか?どのような形で接触するのか?ということを明文化してみましょう。

このように3Cの要素間相互のベクトルを明文化してみると、より有効な分析ができるようになります。

 

 

最後に

分析するときには自社にとって悪いことにも目を向ける必要があります。3C分析は比較分析のため、どうしても都合の悪いこともピックアップされやすいのです。

マイナス意見は言うな!なんて会社もありますが、分析とはそういう場ではないことを最初に確認してしっかりと議論しましょう。

ganapati55

Author ganapati55

かつて人材ビジネスで起業し5年で廃業した経験を持つサラリーマン。ベンチャー企業時代~起業家時代の濃密な時間でありとあらゆる経験をし、文系ながら多彩なスキルをマスター。今もしぶとく生きています。

More posts by ganapati55