こんにちは。

文系のためのビジネスデザイナー ganapatiです。

今日もビジネスパーソンとして成長するためのTipsをお届けします。


SWOT分析とは?

自社の置かれている外部環境と内部環境を、ポジティブな側面とネガティブな側面から分析する手法です。

4つの要素の頭文字をとってSWOTとしています。

SWOTという視点でそれぞれリストアップするという手法であり非常にわかりやすく、とっつきやすいのが特徴です。

一方で単なるリストアップに終始してしまう可能性があり、リストアップした事実からどのように今後の経営戦略に生かすのかについても検討する必要があります。

 

SWOT分析はどんな時に活用できる?

SWOT分析は次のようなシーンで活用できます。

  • 自社の経営環境を冷静に認識する

  • 活かされていない経営資源を発見する

  • 差別化するための新しい視点を発見する

  • 弱点を理解し、それを補完する、リスクに備える

つまり、「経営分析」「事業戦略策定」といった分野で活用できると言えます。

 

SWOTの4要素

①S:Strength(強み)

自社の内部環境におけるポジティブに評価される側面(強み)は具体的に何か?

 

②W:Weakness(弱み)

自社の内部環境におけるネガティブに評価される側面(弱み)は具体的に何か?

 

③O:Opportunity(機会)

自社の外部環境におけるポジティブに評価される側面(機会)は具体的に何か?

 

④T:Threat(脅威)

自社の外部環境におけるネガティブに評価される側面(機会)は具体的に何か?

 

※補足
内部環境の例:商品力、技術力、人材、財務体質、販売網など
外部環境の例:市場動向、政治、法律、競争、参入障壁など

 

それぞれの要素に関して考えられうることをいかに数多く出すかがポイントになります。

本当に小さなこと、他愛もないようなことでも構いません。

まずはリストアップして全体を俯瞰します。そのあと分析・策定に入るわけです。

 

分析のやり方

分析の手法には幾つものやり方があります。以下サンプルとして分析方法の事例を挙げておきます。

 

① 己を知り相手を知る比較分析(直感的)

自社だけでなくターゲットとする競合他社も含めて、それぞれについてSWOTの要素を挙げていく手法です。

リストアップしたら自社と他社の差を比較し、他者の強みを真似、自社の強みを強化し、自社の機会から他社を排除し、自社の脅威からはいかにして抜け出すかを考える、というのが基本的な方法になります。

 

② クロスSWOT分析

SWOTの各要素・視点を掛け算して戦略策定に生かす方法です。

・強みと機会を生かす方法を考える=積極化戦略
・脅威の中で強みを生かす方法を考える=差別化戦略
・機会はあるがまだ弱い状態を挽回する方法を考える=段階的施策・改善戦略
・脅威の中で弱い状態を乗り切る方法を考える=専守防衛・撤退戦略

簡単に言えばこのような視点で「掛け算」して考えるやり方です。

より有効な施策を考えつくためのポイントは最初のSWOT要素のリストアップをいかに多く、多面的に行うかということです。そのためには以下の③④⑤のような視点も持っておくと良いです。

③ PEST-SWOT分析

PEST分析の視点と組み合わせるやり方です。PESTはそれぞれ

P:政治・法律
E:経済情勢・動向
S:社会・文化
T:技術

をあらわしています。

もともとマクロ環境の分析手法なので、SWOTの中でも特にOTの要素を考えるときに有効です。

細かなPEST分析の手法については別途解説していますのでそちらを参照してください。

※リンク

 

④ 3C-SWOT分析

3C分析の視点と組み合わせるやり方です。3Cは顧客・自社・競合他社の3要素を表現しています。

マーケティングのフレームワークですのでSWOTの要素にさらに厚みを増してくれるはずです。

※リンク

 

⑤ BSC-SWOT分析

BSCはバランススコアカードの略です。バランススコアカードに関する解説はこの記事の執筆時点ではまだ行っていないのでググってください。

BSCはより高度な経営分析手法です。ある意味非常に完成された考え方ですが、その分析する人の能力・理解力が問われます。BSCの考え方を理解したうえでSWOTの各要素をリストアップし、つなげていくというイメージの分析手法だとザクッと認識していただければよいと思います。

(そもそもBSC自体にもSWOTの考え方が入っているのですが・・・)

 

 

最後に

SWOT分析は次のようなプロセスで行われます

①経営環境への気づきと明文化
②リストした項目の整理統合、属性化
③リストした項目の比較と特徴の認識
④項目それぞれに対する対処法の検討(伸ばす・カバーする・やめる)
⑤項目同士の組み合わせによる戦略化

 

しばしば社員研修の場なんかでは①~④で終わってしまうことがあります。

それだと大きく会社を成長させるようなアイディアが出てきにくかったりします。

大事なのは⑤まで行うことです。

頑張りましょう!

 

ganapati55

Author ganapati55

かつて人材ビジネスで起業し5年で廃業した経験を持つサラリーマン。ベンチャー企業時代~起業家時代の濃密な時間でありとあらゆる経験をし、文系ながら多彩なスキルをマスター。今もしぶとく生きています。

More posts by ganapati55