こんにちは。

文系のための手に職コンサルタント ganapatiです。

今回は主にブロガーさん、もしくは会社のブログ担当者のためのエントリーです。

 

アイキャッチ画像・挿入画像の悩み

皆さんはブログのアイキャッチ画像や挿入画像、ウィジェットエリアの画像とかどうやって作成していますか?

どうせやるならアクセスが多くなるようなもの、ファンが多くなるようなものを作りたいですよね。

私もこのあたり結構悩んでいまして。。。

というのも、本当にキャッチーなものを作成しようと思うとかなり手間がかかるわけで。

かといってGigazineやライフハッカーなどで使用されているようなクリエイティブなものは、目を引くけれどそれなりにお金がかかります。

結果的に無料の写真サイトから選んできたりしているのですが、ありきたりになってきているんですよね~。そのせいかキャッチーとはいえず、特徴も出せず、どうしてもテンションが下がってしまうのです。

 

キャッチーな画像の特徴

 

次のようなものがキャッチーでより多くの関心を集められるとされています。

  • マンガを使用したもの
  • インフォグラフィック
  • グラフ・図解など
  • 効果線・吹き出しなどを写真に加えたもの
  • よく考えられた見出しが入っているもの

問題はこれらのものをどうやって簡単に作成するか?ということです。

既にブログのネタ段階で作ってある資料を流用できれば簡単ですが、必ずしもそうとは限りません。

最初から作成するにしても、忙しい中で画像のために数十分作業するのはきつい・・・。

これを何とかしようと思ったのが今回のきっかけです。

 

 

効果線・吹き出しを簡単に作成するための条件

どうやったら簡単に作れるだろうか?

ポイントは次のようなことだと私は考えます。

①誰でも簡単に操作可能なソフトで軽いものを使用すること

画像編集ソフトをいろいろ見てみたのですが、手軽に・・・というのがなかなかないのです。

正直それなりのスキルが必要。

そういうのってめんどくさいのです。。。

めんどくさいのは続かない・・・。

そこで、誰でもほぼ使用できるであろうパワーポイントを使用してみることにしました

パワーポイントでしたらビジネス仕様のPCにはほぼ入っていますし、最悪OfficeOnlineで使えます。互換フリーソフトも結構ありますよね。

各素材のレイアウトも自由自在。レイヤー機能はないけどレイヤーっぽいこともできます。

最終的には画面キャプチャ、もしくはJPEG等で保存してからのトリミングが必要ですが、それでもサクッと操作できます。

 

②よく使用する素材がさっと使えること

いちいち素材サイトを探すのはとても面倒。

できる限り短い時間で必要な素材を使用できるようにしたいものです。

そこで、パワポの各スライドに素材を格納することにしました

そうすれば、スライドを見ながら探して、さっとコピペで済むはず。

 

 

テンプレートで用意したもの

①サイズを決める枠線

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%896_r

アイキャッチ画像やバナー画像を作成するとき、最初に悩むのがその大きさです。

バナー系は特に悩みますね。

そういうめんどくさいのは勘弁してほしいので、コピペで使用できる枠線を用意しました。

ベースとなる画像の上にコピペしてShiftキーを押しながら拡大or縮小して使用してください。

最後にキャプチャする際、枠ぎりぎりをキャプチャするわけです。

 

②黄金比率の枠線

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%897_r

どうせなら美しく各素材を配置したいですよね。

その参考となるように各種黄金比率のフレームを用意しました。

ベースとなる画像の上に配置して編集を行い、最後のキャプチャ前に削除して使用してください。

 

③各種吹き出しスライド

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%898_r色々なフリー素材サイト様から頂いた吹き出し素材を格納しています。

そのままのデータの配布はできないので、パワーポイントに加工したというちょっと苦しいかもしれない理由付けで入れています。

ベーシックなものからポップなものまで各種揃えています。

足りない時は自分で探してパワポに挿入しておくと良いでしょう。

 

※その他の吹き出しスライド

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%899_r

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8910_r

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8911_r

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8912_r

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8913_r

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8914_r

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8915_r

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8916_r

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8917_r

④各種効果線スライド

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8918_rこれまたフリー素材サイト様から頂いた効果線素材を格納しています。

黒系と白系、集中系と縦横系がありますので、シチュエーションに合わせて使用してください。

ただ、集中系はちょっと使いにくいです。切り抜き画像を集中系素材の上に配置する場合にはうまく使えるのでしょうが、ベース画像の上にという場合はテクニックが必要です。

※その他の効果線スライド

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8919_r

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8920_r

⑤オノマトペスライド

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8921_rこれもフリー素材サイト様から頂いたオノマトペ素材を格納しています。

種類が少ないので、自分で探して追加するか、特徴あるフォントをPCにインストールしたほうが早いかもしれません。

※その他のオノマトペスライド

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8922_r

テンプレートの使い方

①「作業用スペース」に画像等を貼り付けます。

②画面キャプチャで切り取りたいサイズ(比率)をサイズ決め参考枠線をコピペで画像の上に配置します。

③必要に応じて黄金比のフレームも画像の上に配置します。

④吹き出し、集中線などを好みで配置します。

⑤タイトルや吹き出し内のテキストを入力します。

⑥最後に画像の色合いなどを調整します。

⑦すべて終わったら、黄金比フレームは消去してから枠線に合わせて画面キャプチャします(Screenpressoとか)。できるだけ高精度にしたい人はスライドを画面いっぱいに表示させてからキャプチャしましょう。

以上で作成完了です。

※⑥までのステップを行ったサンプル。

 %e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893_r

感謝と注意事項

既に上記にも書きましたが、今回のテンプレートを作成するにあたっていくつかのフリー素材サイト様にお世話になりました。

データそのものを2次配布してはいけない、加工して使用するのは可、、、ということなのでパワポに使用(加工)させていただきました。

(ブログに広告が貼ってある以上、商用利用とも言えますね。)

とはいえ、素材製作者様の手間をタダでいただいているわけですので、パワポの中から素材を抜き出して使用されると素材の製作者様にご迷惑をおかけしてしまいます。パワポ外で使用する場合には、ご自身で素材サイトから直接DLしていただければと思います。

よろしくお願い申し上げます。

また、素材製作者の皆様、本当に感謝いたします。

 

テンプレートDLはこちらから
ganapati55

Author ganapati55

かつて人材ビジネスで起業し5年で廃業した経験を持つサラリーマン。ベンチャー企業時代~起業家時代の濃密な時間でありとあらゆる経験をし、文系ながら多彩なスキルをマスター。今もしぶとく生きています。

More posts by ganapati55