こんにちは。

稼ぐ力のコンサルタント ganapatiです。

今日もビジネスパーソンとして成長するためのTipsをお届けします。

 

WordPressは世界で圧倒的なシェアを占めるCMSとして有名ですが、その応用方法も様々。

単なるブログサイトにとどまらず、企業が使うWEBサイト、メディアが使うポータルサイト、人材系企業が使う求人検索サイト、メーカーや流通業が使うECサイト、などなど「WEB上にある」ということだけを共通点として様々な使い方がされています。

最近はWordpressで作成したサイトががそのままアプリ化されるようにもなってきました。

さて、今回ご紹介したいのは「Jackmail」というプラグイン。このプラグインがまた新たなWordpressサイトの活用法を生み出してくれました。

 

Jackmailについて

Jackmailとは?

JackmailはWordpressプラグインです。ただし、単一機能を提供するようなプラグインというよりも、Wordpressそのものの在り方、プラットフォームとしての機能を大きく変える性能を持っています。

似たような事例のプラグインとしては「WooCommerce」や「BuddyPress」というものがあります。前者はWordpresswoECサイト化し、後者はSNSや掲示板サイト化します。

※Jackmailサイトへ

Jackmailが拓く新たな分野

Jackmailが拓く新たな分野は「メールマーケティング」です。これまではMailChimp等といった専用のツール・サービスで行っていたことをWordpressのダッシュボード上で行うことができるようになります。

従来のメール送信プラグインとの違い

これまでもWordpressのプラグインとして「新しい投稿があったら特定のリストに対してメールを送信する」といったプラグインは存在しました。また、そのリストを収集するためのフォームとしてコンタクトフォーム系のプラグインも存在しました。

Jackmailがそれらのプラグインとどう違うのか?それはメールマーケティングに必要な機能が一通りそろっており、単なる収集から配信だけではなく、分析まで行うことができるということにあります。

 

Jackmailの機能

主な機能だけ紹介します。

  • コンタクトリスト:様々なサービス・形式からもインポート可
  • コンタクトフォーム:Wordpress上に設置するフォーム
  • トラックリンク:トラッキング機能付きのリンク作成(しかも自分のドメインで)
  • 自動送信:送信トリガーを設定して属性に合わせたメールを自動製作・送信
  • キャンペーンのコピー
  • ドラグアンドドロップでメールを作成
  • デザインテンプレート
  • 詳細分析:開封分析はもちろんのこと、受信者のPC環境なども
  • HTML・テキスト両モード対応
  • 受信解除機能
  • jetmailのSMTPを利用可能・高い受信率
  • 複数人で管理可能

 

画像サンプル(Jackmailサイトより)

テンプレートにそってドラッグアンドドロップで記事を配置

 

リードの状況が一目でわかる

統計グラフもサポート

 

マーケティングへの活用法

私が考えるJackmailの活用法をご紹介します。

①メールマガジンとして

従来のプラグインだと投稿するたびにメールを送信していました。しかも投稿内容に定型文をちょっと加えた程度なので正直「使えない」感じでした。特に毎日更新するサイトの場合、毎日メールが飛んで行ってしまい、購読者が「うざい」と思うこともしばしばです。

Jackmailであれば複数投稿したらまとめてメールするなど、自分に合った使い方ができます。

また、テキストメールだけではなく美麗なHTMLメールを送ることができますので他のメールマガジンとの差別化が図れますね。

配信解除機能も付いているので安心です。

何より、ブログとして投稿した記事をメールマガジンの素材としてきちんとした形にして送れるのはとても有り難いです。RSSで読んでくれる人が少ない場合も多いですから、そうした場合はメールマガジンで更新情報を伝えるのは有効でしょう。

②ステップメールとして

Jackmailはリストに属性を持たせて属性に合わせた送信トリガーを設定できるようです。設定が大変かもしれませんがステップメールを送信することもできるでしょう。

ステップメールシステムは通常500円~5000円/月します。もちろん機能的に充実しているのでしょうがWordpressのコンテンツを生かすのであればJackmailを使用したほうがコスパが高いかもしれません。

③マーケティングオートメーションとして

②よりもこの使い方のほうが実態に合うかもしれませんね。もちろん簡易なマーケティングオートメーションツールということにはなりますが、Wordpressでランディングページやそれにつながるストーリー投稿をどうせするのであれば、Jackmailでマーケティングオートメーションを実現しても良いと思います。

 

Jackmailの料金と感想

①無料枠

Jackmailには無料で使える枠があります。メール送信数で決まるのですが、月に1000通までというのが無料枠になります。正直少ないかな~と思いますが、メールマガジンとして300人以上のリストに送信・・・ということでなければ無料枠でもなんとかなるかと思います。

ホットなリードとしてWordpress内で扱う期間を1か月とし、1か月を過ぎたら別のメールマガジンシステムにエクスポートするような方法も考えられますね。

②有料プラン

有料プランは幾つかありますが、おそらくjackmailを使うメリットが出るのはbrilliantプラン(19ドルで2万通/月)だと思います。それ以上であれば専用のシステムのほうが使い勝手が良いでしょう。

③メリットが出る人はこんな人

Jackmailを使う上でおススメするのは、ホットなものとして扱うリストが100人程度の人です。また、Wordpressでコンテンツを配信する体制ができている場合や、Wordpressを過去のメルマガのアーカイブ的に活用したい人が良いでしょう。

④Jackmailを使用する上での注意

JackmailはWordpress上で動作します。ということはWordpressにセキュリティをきっちりかけておかないと、リスト流出という事態もあります。そこはきちんと対処したいところです。

 

※Jackmailサイトへ

 

ganapati55

Author ganapati55

かつて人材ビジネスで起業し5年で廃業した経験を持つサラリーマン。ベンチャー企業時代~起業家時代の濃密な時間でありとあらゆる経験をし、文系ながら多彩なスキルをマスター。今もしぶとく生きています。

More posts by ganapati55

返信

CAPTCHA