人生を豊かにする質問の習慣05「きちんと切り捨てているか?」

ganapati55

※よろしければ動画をご覧ください。音は出ません。

 

今日の習慣化したい質問は

“タスクや仕事をきちんと切り捨てているか?”です。

もしくは

“本当にフォーカスできているか?”でもよいでしょう。

 

「パレートの法則」をご存知ですか?

 

別名「2:8(ニハチ)の法則」。

成果の8割は2割の要素が生み出しているという法則です。

例えば会社の利益の8割は2割のお得意様で構成される

などといった考え方・法則です。

 

この法則は多くの統計から割りだされた真実の法則です。

 

個人についても同じことが言えると多くの人が言います。

目標や夢を達成するには重要な2割のことに集中すればよい

ということです。

 

人は多くの夢を抱き多くの目標を持つ生きもの。

 

それゆえ、真面目な人ほど夢の実現のために抱えきれない仕事・タスクをリストアップします。

 

しかし、そういう人ほどなかなかうまくいきません。

がんばっても、がんばっても「そこそこ」どまりがいいところ。

そのうち先に息切れしてしまい本当にかなえたかった夢を諦めてしまうのです。

 

それもそのはず8割の成果につながりにくいことに時間を投資しているから。

苦労に見合わない達成感では苦痛しか感じられませんよね。

 

だから質問して欲しいのです。

“タスクや仕事をきちんと切り捨てているか?”

 

目標達成に必要なのは

くの仕事をするのではなくくの仕事を切り捨てること。

 

真面目な人は特に真剣に考えて欲しいのです。

 

あなたは

何を切り捨てますか?

本当に必要なことは何ですか?

 

 

~人生を豊かにする質問の習慣~

ganapati55

Author ganapati55

かつて人材ビジネスで起業し5年で廃業した経験を持つサラリーマン。ベンチャー企業時代~起業家時代の濃密な時間でありとあらゆる経験をし、文系ながら多彩なスキルをマスター。今もしぶとく生きています。

More posts by ganapati55

返信

CAPTCHA